秋の肥料散布を行っています。

こんにちわ。
静岡県島田市の鍋島という地域で有機栽培で抹茶を栽培しているお茶農家MatchaOrganicJapanです。

9月も終わりころになってきました。
10月に入ると今年最後のお茶の摘採である秋番茶が始まります。

その前に、現在茶畑に有機肥料を散布しています。
お茶畑も人間と同じでお腹もすきますし、成長するための栄養も必要となります。
有機栽培に適した肥料を散布して、茶畑が元気になるようにします。


昔は、肥料を入れた袋を背中に背負って手で散布していましたが、
最近ではといっても結構昔ですが、機械で散布できるようになりました。
かなり作業効率があがって助かってます。

この時期の肥料もこの秋の芽だけでなく来年の1番茶の芽にも効果のあるので
大事な作業となります。

みなさんのもとにおいしい抹茶を届けるためにがんばります。