3月22日の竣工式の様子 vol.2

こんばんわ。
静岡県島田市で愛される有機抹茶づくりを目指している農家集団MatchaOrganicJapanです。

3月に行った竣工式の様子を少し公開します。

vol.1では神事の様子を少しだけ紹介しました。
今回はそのあとに行った植樹の様子を紹介します。

毎年、良質な抹茶を作るために、それに合わせた品種に植え変えているのですが、今年は苗植えのタイミングと竣工式が重なったので、植樹をしてもらうことにしました。

お茶の苗を植えてから、収穫できるまでは5~7年かかります。
普通栽培より有機栽培の方が少し時間がかかります。

お茶の苗の成長に合わせて僕らも新工場とともに成長していく。

そんな気持ちもこめて行いました。

来年は、お茶の苗植え体験+工場見学なんかを企画してみんなでできるといいな。
っと思います。

植樹した場所には札もつけてもらいました。
枯れないようにしっかりと管理させて頂きます!

それでは。

新工場の竣工式を行いました vol.1

こんばんわ。
静岡県島田市で世界に愛される抹茶づくりを目指し有機栽培を行っているMatchaOrganicJapanです。

この度、ついに僕らの新しい碾茶工場が完成し、竣工式を行いました。

待ちに待った瞬間です。

これからは今まで以上に、よい商品をよいサービスを届けられるようになります。

今回は、その1コマである神事の1場面。
今日から少しずつ場面を紹介していきます。

僕らの新工場での神事。
気持ちも引き締まります。新しい工場に響く言葉。思い。

ここからリスタート。

スタートスタート。ここから始まる。
新しい日が来た 僕らの スタート。
(歌詞引用少し替え歌) 

懐かしい歌を思い出します。

では、次回お楽しみに。

今年の苗植えが始まりました。

こんばんわ。
静岡県島田市で愛される抹茶づくりをしているお茶農家集団MatchaOrganicJapanです。

茶畑も毎年摘採をしてくると年もとり、疲れてしまうので何十年に一度改植という作業をして植えなおします。
また、今までは煎茶向けの品種を作っていましたが、今後は抹茶に向いている品種に植え替えながらより良い抹茶を作るための畑づくりをしていきます。

今年も元々のやぶきたという品種から抹茶にむいた品種つゆひかりに植え替えます。

昨年の夏くらいから、古い茶の木を抜き、畑を耕し、植える準備をしてようやく植える時期になりました。

これから1週間くらいで植えていきます。

これが未来につながる畑になると思うと、手を抜けません。

植えるのも一苦労なんですけどね。

植えて収穫できるようになるまで、5年~7年。長いです。

まずは、植えます!

こうごきたい!

新工場稼働まであと少しです。

こんにちわ。
世界に愛される抹茶を作るMatchaOrganicJapanです。

さて、ただいま世界に愛される有機抹茶を作る工場を建設中で、
後少しで完成というところまできました。

先日、試験的に火をつけてみました。
これがぼくらの新しい灯になります。

3月中旬には完成して、お披露目できる予定です。
待ち遠しいです。

それでは。

工場完成まであと少しです。

こんにちわ。
静岡県島田市の鍋島という地域で有機抹茶を栽培しているMatchaOrganicJapanの村田です。

ぼくらの新しい抹茶の原料となる碾茶を作る工場がだんだん出来上がってきました。
昔ながらの本物のレンガ炉を使った工場です。

現在、業者さんが3月完成に向けて寒い中がんばってくれています。

それでも今年は少し暖かいので楽なのかな。
茶畑については、できれば今の時期はしっかりと冷えて欲しいですけどね。

みなさんにお披露目できる日も少しずつ近づいてきています。

それでは。