碾茶を評価して来年へつなげます。

こんばんわ。
世界に届ける抹茶を作るために日々前進なMatchaOrganicJapanです。

今日は、今年の碾茶を見比べてみました。

碾茶は煎茶と違って製造の工程が少なくて、生葉の状態がかなり製品品質において大きい割合を占めています。

それでも、蒸しの工程でぴしっと決まらないとやはり品質がぶれてしまいます。

僕たちMatchaOrganicJapanは今年新工場が稼働して1年目。
まだまだ改善点がたくさんあり、伸びしろもいっぱいある(はず)です。

来年さらなる高品質な碾茶、抹茶を届けるために勉強中です。

碾茶をお湯で出して、その茶殻をすくって出した色は、碾茶を挽いてできる抹茶の色に近いそうです。なのでこの時点で明るくでないとやはり良い抹茶にはなりません。

有機栽培の本物抹茶。

お楽しみに!